医療ドラマ、好きなのありますね

好きな医療ドラマ

医療ドラマ、好きなのありますね。最近では仁だけど、今までで一番ってドラマになると、やっぱりドクターコトー診療所なんですよね。スーパードクター一歩手前って感じが凄く良い。実力はあるのに、地位や名声を求めることなくあの離島の診療所で島の人々の心を掴んでいくプロセスがとってもヒューマンドラマって感じで良いんですよね。主題歌って言うか、中島みゆきさんの歌も良かったし、共演の方たちもそれぞれ色んな悩みとかトラブルとかあって、すべてが病院の中とか、あるいは病院の手術、治療を中心にしたドラマじゃないだけに、時にはこんな自然豊かな島での生活ってどんなだろうとか、このドラマを観ながら自分の中で離島での生活を疑似体験しているような感じで、毎回観る度に心はあの島へ飛んでいましたね。勿論オペのシーンではいつもは優しく、ちょっと頼りなくおっちょこちょいなコトー先生がオペのプロとしての厳しい表情を見せる。特に心を寄せていた看護婦さんのオペの時に見せた人間としての心の弱さというか、ああいうところに更なる人間味を感じるんだよね。結局、あのドラマで私が感じたのは、医療の限界っていうか、どうしようもないことはある。自分の腕に過信したような、スーパードクターのスーパー振りを描くとかだったら確かに希望だけを受けることが出来るんだろうけど、失敗もある、手遅れもある、そういう現実を踏まえながらも感動を与えるドラマという意味で完成度高いなって思います。

注目の医療求人は、ココをチェック!

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017感じてる?医療系のお仕事のやりがい.All rights reserved.